リップルの特徴と将来性は?発行主体や国際送金など

仮想通貨

こちらの記事では仮想通貨のリップルについてまとめています。

✅ リップルの特徴
✅ リップルの国際送金について
✅ リップルの将来性

上記の内容について確認したい場合は参考にしてください。

リップルは速い送金・発行主体が存在

リップルとは、仮想通貨の1つで日本でも購入することができるため、知名度が高くなっています。

特徴の1つは速いスピードで送金
外国の金融機関だとなかなかすぐに送金してくれません。早急に現金が必要な場合であっても、時間がかかってしまい使い物にならないケースもあります。
リップルの場合は、すぐその日のうちにあるいは翌日までに送金してくれるため、迅速にお金が必要な場面において有用です。

ただし、時間帯によってはその日のうちに送金できる場合と翌日まわしになるケースがあるためその点をよく確認をしておくようにしましょう。

中央集権的な仮想通貨である点も、人気がある理由の1つになります。

仮想通貨の多くは、主催者がはっきりしていないことがあります。それに加えて、採掘をしてコインを発見するなどいまいちわからない仕組みなどがあり、初心者が参入しにくいケースもあります。

投資ネコ
投資ネコ

リップルはリップル社が主催しており実態がわかりやすくなっています。この点がリップの信頼性にも繋がっている理由の一つです。

安心して取引をすることができる仮想通貨の1つと言えます。

国際送金に特化している

日本で手に入れる仮想通貨は、それを送金する場合には国際送金になります。

国際送金をする場合には、コルレス銀行と言われる大きな銀行を通じて送金されるのが普通となります。この送金システムのことをSWIFTといますが、この方法だといくつもの銀行へなければならず時間がかかってしまいます。

この仕組みを改めなければならないと経営陣は感じていました。 そこで完全に仕組みを改めてもう少し簡略化することにしました。

リップルの場合は途中の銀行を経由することなく仮想通貨の持ち主のもとに送金することができるわけです。 ブリッジ通貨の仕組みをより簡略化しており、多くの新規参入者が参加するようになりました。

新規参入者としては、送金の仕組みが分かりにくく面倒なため購入しない人も多いですが、それらが省略されていることにより購入を容易にしたことになります。

投資ネコ
投資ネコ

このように簡略化された仕組みをRipple Netなどと言ったりしますがこれはリップル特有の仕組みの1つです。

このように簡略化されることによってコインの持ち主のメリットがあるとすれば、時間をかけずに現金化すること、そしてわかりにくい手続きが必要なくなったことです。結果的に、会社側にもそして所有者側にもメリットがあるといえます。

リップルの将来性

リップルのコインを所有すると考えた場合、リップルの将来性については誰しもが気になるところです。

たくさんのコインを購入しそれが一時的に上昇したとしても、将来性がなければいずれゼロになってしまう可能性も否定できません。少なくとも国家が発行している通過よりは弱い可能性があります。

リップルの信頼度は?
仮想通貨の中では信頼度が非常に高く多くの金融機関と提携していることからも、多くの金融機関にも信用されていることがわかります。

金融機関としては、わざわざこれから消滅していく可能性の高い会社と契約を結ぶ事はありません。この点だけ見ても、金融機関のお墨付きを得ていると言っても過言ではありません。実用化が進んでいることも、暴落防止になるだけでなく将来性につながっています。

実用化が進んでいると言う事は、買い物をする場合もリップルのコインを使って買い物をすることができます。さらに実用化が進めば、日本で使われている有名な電子マネー並に買い物が可能になる可能性もあります。

投資ネコ
投資ネコ

これから購入する場合には、希少価値が高いリップルは購入する選択肢の一つと言えます。まだ流通も少なく希少価値が高い状況とも言えます。

将来性があることを考えれば、今後流通する可能性が非常に高く、今後も価値が値上がりする可能性を十分に秘めています

コメント

タイトルとURLをコピーしました